読売新聞掲載!紙芝居まつり!

ばばーん!(`•∀•´)✧
紙芝居師かみはるです。
 
本日は紙芝居!紙芝居!紙芝居~!な一日でした。
まず1つ目!
読売新聞(都内版)の
「ホット東京ぷれいす」という
コーナーに、なんと!
見開き半面で
「パラリンピックの魅力伝える、杖の紙芝居師」
として紹介されました~~⸜(๑⃙⃘'ᗜ'๑⃙⃘)⸝🎊
 
こんなに大きく、また素晴らしい内容にしていただきありがとうございます✨
 
今回は渋谷区の小学校で口演を行っている様子をメインに取材して頂いたのですが、本当に学校...というよりも、大人の方々の考え方が様々で。
 
私自身、障害者ですが、稀に
「他の障害者に配慮した内容を」
と指摘される事もあります。
 
しかし、紙芝居口演を行う上での「配慮」というものを、価値観を、私は変えたいと思っています。
 
何故ならば、私自身が障害者だからです。
「障害がありまーーす!!」
と笑顔で明るく話すだけで、
これまで漠然と言われていた「配慮」というものが、新しいものに変わる気がするからです。
 
うーん、難しい(笑)
伝わりますか?これ!!
 
障害者だから、歩けないから、普通になれないから、夢や未来を諦めて、暗黒時代を送った私だから、自分から新しい価値観を発信し続けたいのです。
 
紙芝居の先輩に出会い、障害があっても芸能が出来た、あの喜び!
 
・・・決して足は良くなりません。
いつ、人工股関節手術を行わなければならないほど、激痛がやってくるかわかりません。
 
それでも、障害者として生まれたからには、障害者として、紙芝居師として出来る事を頑張りたい!
そう思います。
 
まだご覧になっていない方、是非添付した内容をご覧ください!✨
 
 
 
 
そして2つ目!

非公開の現場の為、詳細がかけませんが...
とある場所で、声優紙芝居師のゴンちゃんと
ハロウィーン限定?!
かみはるオリジナル作品
「ジャックとバブーと不思議な鏡」を口演してまいりました☺️
 

子供たちは最初から最後まで、モンスターのように(笑)
楽しく、参加しながら、遊んでいってくれたので、私達もとても楽しく口演出来ました!!
みんな、ありがとう!
また会おうね♪
 
 
そして3つ目!
事務所で行われた「渋谷画劇団 紙芝居稽古会」に参加しました!
 
夏にお披露目した和太鼓トリオチー厶。
声優紙芝居師:かげちゃん
和太鼓紙芝居師:あいり~ん
そして、私の3人で、1分ほど流れ確認、打ち合わせを行い、先輩方や後輩達に披露しました。
 
夏以来、急にだったので、どうなるかドキドキしましたが(笑)
もう、本当、かげさん、あいりん、ありがとうございます(笑)
あ~凄い仲間だと、本当に凄い←
流石すぎます☺️✨
楽しかった!!
 
 
今日は、紙芝居三昧。
紙芝居まつりな一日でした⸜(๑⃙⃘'ᗜ'๑⃙⃘)⸝
幸せ💞
 
 
 
11月の口演情報は、また後日お知らせしますね☺️
 
 
 
*紙芝居師かみはる*
 

紙芝居師かみはる公式HP

「先天性股関節脱臼」 「変形性股関節症」 右足股関節に障害があります。 日本唯一の障害のある紙芝居師としてお仕事をしています。 子ども達と触れ合いながら楽しめる紙芝居の他、障害者紙芝居師として、各教育施設での紙芝居口演も行っております。

0コメント

  • 1000 / 1000