2018ボッチャ東京カップ

紙芝居師かみはるです!
 
さて、今日は...

日本大学 三軒茶屋キャンパス

へ行ってきました!
ボッチャは重度の障害のある方でもスポーツ出来るように、ヨーロッパで生まれたスポーツです。
カーリング..に似ているといわれています。
 
ルールは、白い玉(ジャックボール)にどちらが近く玉(赤or青)を近付けられるか競うもの。
一番ジャックボールに近かったボール(赤or青)の点数が入ります。
 
色々細かいルールがあるんだけど、詳しくは「ボッチャ」で検索してみてね😇

緊張感溢れる試合会場
うわぁ!めちゃくちゃ接戦!!
近くで確認して、3~5分ほど作戦を練っていました。

勾配具(ランプ)をつかった投球も見ることが出来ました。
※自分で投球が難しい選手が使用する用具。
アシスタントの方に細かく位置や角度を調整してもらい、投球します。
とても白熱した試合でした!
火ノ玉JAPAN☄️カッコよかったな~٩(๑^o^๑)۶
 
 
明日はまた別のパラスポーツを観戦にいきます♪
 
 
 
 
 
 
 

今日の戦利品!!
なんと素材は、公式ボッチャボールそのままにミニマムサイズになった
「ミニマムボッチャボール」

可愛い~~(●´ω`●)☺️

一目惚れして、赤いボールを手に入れました。
楽しかったなぁ♪
 
 
 
*紙芝居師 かみはる*

紙芝居師かみはる公式HP

「先天性股関節脱臼」 「変形性股関節症」 右足股関節に障害があります。 日本唯一の障害のある紙芝居師としてお仕事をしています。 子ども達と触れ合いながら楽しめる紙芝居の他、障害者紙芝居師として、各教育施設での紙芝居口演も行っております。

0コメント

  • 1000 / 1000